WiMAX2+を選んだ我が家の理由

  • 投稿日:
  • by

我が家は、引っ越しを機にインターネットをWiMAX2+に乗り換えてみました。
「WiMAX2+」って何?という方もそうでない方も是非参考にしていただけたらなぁと思います。
メリットデメリットありますが、包み隠さず全てご紹介したいと思います。

WiMAXはトータルのコストを引いてみても、他社のプランと比べて低費用でモバイル通信が可能なのです。 回線利用可能エリア内においては、1台のWiMAXモバイルルーターで何台ものWiFi機器をネットに繋げることができます。

オプション扱いにはなりますが、WiMAXのエリア圏外の場合には、高速で人気のあるLTE通信が使える機種も用意されているので、 はっきり言ってこのWiMAX機種を保有していれば、日本国内どこでもモバイル通信が可能だと言えるでしょう。
それほど知られてはいないようですが、「ポケットWiFi」と言いますのはワイモバイルの登録商標です。 ただWiFiルーターの一種であるという理由から、現在では一般の名詞だと認識されていると言ってもいいでしょう。

完全に同じモバイルルーターであろうとも、プロバイダーにより月額料金は異なります。このウェブページでは、 人気抜群の機種を"料金"順でランキング一覧にしておりますので、比較しやすいのではないでしょうか?
WiMAX2+を取り扱っているプロバイダーの1か月間の料金(2年契約期間満了日までのキャッシュバックも含めたトータル金額)を比較した結果を、 安いプランを出しているプロバイダーから順番にランキングスタイルにてご披露いたします。

モバイルWiFiといっても様々 コストパフォーマンスが良いのはどれ?

自分自身でWiMAXとワイモバイルという2機種のモバイルWiFiルーターの速度や毎月の料金などを比較してみましたが、 上位機種に関する下り最大速度以外のだいたいの項目で、WiMAXの方が秀でていると確信しました。
LTEというものは、これまで主役であった3Gを「長期的に進化させたもの」だとされ、何年か先に登場してくるはずの4Gへの変更を円滑に進める為のものです。 そういう理由から、「3.9G」と呼ばれることが一般的です。

WiMAXモバイルルーターに関しては、種類が複数ありますが、1種類ごとに実装されている機能が相違しています。 こちらのウェブサイトでは、1つ1つのルーターの機能であったり規格を比較しております。
どの機種のモバイルWiFiにするかを毎月毎月の料金だけで決定すると、ミスをすることになるでしょうから、その料金に焦点を当てながら、 その他で知っておくべき事柄について、一つ一つ解説致します。

今のところLTEが使えるエリアは決して広くはないのですが、エリア外にて通信をしようとする時は、自然に3G通信に切り替わりますから、 「接続することができない」などということはないと思ってもらって構いません。

申込む前に知っておかないといけない「WiMAX」と「WiMAX2+」の違い

こちらのサイトでは、1人1人にマッチしたモバイルルーターを選定いただけるように、 各々のプロバイダーの月額料金や速度などをチェックして、ランキング形式にてご披露しております。
モバイルルーターならすべて3日間で3GBか1カ月間で7GBの速度制限規定があります。ですが酷い使い方をしなければ、 3日で3GBも使うことはほとんどありませんから、そんなに不安になる必要はないと言えます。

WiMAXモバイルルーターと言いますのは、WiMAXのモバイル通信網を使って、 パソコンであったりタブレットなどのWiFi機能が内蔵されている端末と通信回線を繋げる為の小型の通信機器というわけです。
「WiMAXあるいはWiMAX2+をゲットしたい」と言う方に注意していただきたいのは、丁寧にプロバイダーを比較するということをしないと、 2万円から3万円くらいは出費がかさみますよということです。

通信サービスエリアの伸展や通信速度の更なる向上など、 取り組まなければならない事項は山積していますが、LTEはスピードと快適性あふれるモバイル通信を可能にするべく、「長期的な進歩」を続けている最中だと言えます。